<< 陰日向に | main | WILLCOM D4の魅力 >>

もしも無人島に

無人島に1つだけ持って行くなら何?無人島に1つだけ持って行くなら何?

「もしも無人島に1つだけ持って行くなら何?」
先ず最初に、1冊の推理小説を選びます。
次に信頼できる人物に結末の部分を破り取ってもらいます。
そして、結末の失われた本を持って無人島に出かけます。
当然、退屈すれば最後の楽しみであるソレを、むさぼり読んでしまうでしょう。しかし、一番大事な結末が、ない。
最初は、もの凄い後悔をするかも知れません。地団駄踏んで結末を神さまに乞うかもしれない。
しかし、これはもう、想像するしかありません。
空想の中で名探偵となり、何度も何度も現場をシミュレーションして犯人を割り出す。
「犯人はあなただ!」そう、名指しされた真犯人は、どんなリアクションをするでしょう。今までネコを被っていたあの人物の豹変した姿は…
いやいや、もしかして、やっぱりアイツが犯人かも…。
何なら、声に出して演じてみても良いです。黙読していた時にはなかった発見があるかもしれない。なんせ無人島なんだし、誰も聞いちゃいない…。
夜ごと(夜じゃなくてもイイケド)真犯人の違うヴァージョンで演じられるひとり芝居。波の音が拍手喝采に聞こえるかも知れません。

…なんてのは、どうでしょ。

at 06:23, さばかん, AD研究所

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。